長時間のデリヘルコース『ロング』とは

デリヘルのコースにはロングや超ロングなどがある

お気に入りの嬢がいる、お気に入りのプレイがある、などとにかく普通のプレイ時間では足りない!という人にはデリヘルの長時間コース『ロング』が用意されている。
ロングの基本は120分。約2時間というのは恋人とイチャイチャする平均的時間だがデリヘルではちょっとゆっくり長めで余裕を持ったプレイが出来る。

さらに店によっては6時間や9時間などの超ロングなコースがあったりする。もちろんお値段はそれなりではあるが、6時間すっとホテルでプレイという肉欲溢れた欲望を叶えることが可能だ。

デリヘルでロングで遊ぶ裏ワザ

長時間コースで遊ぶ時、もっとも気を付けてほしいのが時間配分だ。
基本的にデリヘルでプレイする時は60分~70分辺りのコースを選ぶ人が多い。ロングは大体100分~120分と倍の時間になるので勝手が変わってくる。
最初から飛ばしすぎると後半疲れてしまうし、かといって余裕を持ちすぎてもプレイが中途半端になってしまう可能性がある。プレイに入る前に絶対やりたいプレイ内容などを整理して、開始から終了までの流れをイメージしておくのはどうだろうか。
大体のアバウトなものでも役に立つと思う。

どうせなら時間いっぱいエロいことしてたくさん射精をしたいというのは男の欲ではないだろうか。ロングで射精回数が少ないと損した気持ちになるという気持ちも分かるが、射精回数は正直普通のプレイ時間とそう変わるものではないだろう。めちゃくちゃ性豪で、とかならわからないけれど。

射精回数ではなく気持ちの面での充実度を重視した方が結果として満足出来る内容になると思う。
ロングで入るということは相手はそこそこオキニの嬢なのだろう。タイプの女の子とたっぷりイチャイチャしてエッチなことが出来るという状況を楽しむようにする。射精は1~2回出来たらいいかなくらいの気持ちでいる方が良いと思う。

6時間や9時間などの超ロングコースの場合はずっとホテルに籠ってもいいけれど、店許可があれば外でのデートが出来る場合も。本当の恋人同士のようにドライブやショッピングを楽しんだ後にホテルでイチャイチャするというのも有りだろう。

ロングコースでは長く一緒に入れる分、普段とはちょっと違う嬢の一面を見ることが出来るかもしれないところも魅力のひとつ。それなりの値段なので毎回は厳しいとは思うが、嬢や自分の誕生日やボーナスが出た時などのご褒美的に使うとメリハリが出てさらにデリヘルを楽しむことが出来る。