ハズレのデリヘル嬢に当たったときは

ハズレのデリヘル嬢とは

ハズレのデリヘル嬢というのに当たったことがあるだろうか。
ハズレと感じる基準は人によって違うと思うが、ざっくり言うと、顔、プレイ、態度などのクオリティが非常に低いデリヘル嬢のことを指し、残念ながらそのような嬢は一定数存在する。
しかしそんなハズレ嬢に当たってしまったときも、いきなり諦める必要なはい。
発想の転換をして逆に楽しんでしまえばいいのだ。

ハズレのデリヘル嬢との遊び方

まずは顔があまり可愛くない…ハッキリ言ってしまえばブスなデリヘル嬢に当たってしまったとき。
チェンジするのもひとつの方法だが、次に来たデリヘル嬢のほうが可愛いとは限らないし、チェンジは基本的に1~2回しかできず、店によっては有料の場合もある。
そんな賭けに出るくらいなら、この際顔は見ないことにして、別のいいところを見つけてみよう。
可愛くないデリヘル嬢は、自分の顔に自信を持っていない場合が多いので、スタイルの良さや肌の綺麗さなど、何かいいところが見つかれば、褒めてあげて気分を良くしてあげることで、サービスの向上に繋がるかもしれない。

次に、プレイが下手で、思い描いていたような快楽を得られないのではないか、と心配になるデリヘル嬢の場合。
この場合はデリヘル嬢がまだ新人で、いろいろと慣れていないということが考えられる。
客をとろとろにしてしまうようなテクニックもいいが、下手なりの初々しさやたどたどしさを楽しむ気持ちにシフトチェンジしてみよう。
テクニックがないため、こちらがしてほしいことを教えてあげると一生懸命に応えてくれるかもしれないし、教えてあげるというテイで、要求を伝えやすいのもメリットだと言えるだろう。

最後は態度が悪いデリヘル嬢。
愛想がないとかやる気がないデリヘル嬢だと、こちらもついムッとしてしまいそうになるが、そうするとただの楽しくない時間になってしまうので、そこは開き直ってプレイに集中することをおすすめする。
態度が悪いデリヘル嬢には、こちらも気を使う必要はないのだ。
あくまでもお金を払っているお客の立場なのだから、サービスの範囲内であれば、多少図々しいくらいになってみてもいいだろう。

と、いくつか提案してきたが、やはり一番いいのはハズレのデリヘル嬢に当たらないことである。
運も必要だが、優良なデリヘル嬢と遊ぶには、パネマジにかからない目を養うなど、お客側の努力も必要不可欠かもしれない。