デリヘル遊びの際の持ち物と管理

デリヘル嬢のバッグの中身は

初めてデリヘルを呼んだときに、何か準備しておく物はないか考えてしまったことはないだろうか。
どんなプレイがあってそのために何が必要なのか、初めてのときは未知の世界だ。それだけに、いろいろな想像で期待に胸が膨らむ反面、不安もあっただろう。
しかし、1度デリヘル遊びを経験してみれば分かることだが、基本的にはお客が準備しておく物など何もない。

デリヘル嬢は大きなバッグにお仕事道具を詰めてやって来る。プレイに必要なものはすべてデリヘル嬢が持参するのだ。
具体的に言うと、消毒用のイソジンやグリンス、コンドームにローション、洗口液などだ。これらは店から支給されることが多いが、自前で用意しているデリヘル嬢もいる。さらに気を遣えるデリヘル嬢なら、お客用の無香料のボディソープなども持参するから大したものだ。

そのほかにも名刺や、私物のメイク道具に財布、ヘアアイロンや髪留めなどを持参するため、デリヘル嬢のバッグはけっこう重い。
お客が用意するものをあえて言うなら、ちょっとしたお菓子やプレゼントぐらいだろう。

デリヘル遊びの際の貴重品の管理

デリヘルでのトラブルで、お金を盗まれたというのをたまに聞く。デリヘル嬢に盗られたという話もあるし、お客がデリヘル嬢から盗んだという話もある。
デリヘル嬢に盗られた場合、あとで気付いて店側にクレームを入れても、盗ってないと否定されてしまえば証拠がなく泣き寝入りするしかないらしい。

このような話を聞くと、男として非常にがっかりだ。男の夢を叶えてくれるデリヘルという素晴らしい場での、そんな話は聞きたくない。
もちろんごく少数の悪質なデリヘル嬢や客だけの話だが、こんなこともあるかもと注意しておくにこしたことはない。
ちょっとした工夫で、余計な心配をせずプレイに集中できるようにしよう。

まず貴重品は肌身離さず持っておくようにしたいが、デリヘル遊びの時は裸になるので難しい。シャワーやトイレにも行くので、常に目の届くところに置いておくのも難しい。
なので必要な現金以外は持たないようにするのが手っ取り早いが、そうもいかない場合は隠してしまうのも手だ。このとき、普通なら絶対に貴重品を置かないような場所に隠すのがポイントだ。
ただし注意点としては、隠していることを絶対デリヘル嬢にバレないようにすること。自分がお金を盗むのではと疑われていると知ったら誰でも不愉快な気持ちになる。
当然プレイにも支障が出るだろう。
その点デリヘル嬢は、店側からの教育もあるだろうが自分のバッグをきちんと管理している子が多く、見習いたいものである。