パネマジの先にある詐欺メイクを見抜く

パネマジだけじゃない!詐欺メイクとは

デリヘル嬢を選ぶときにパネマジ(パネルマジック)に気を付けるというのは最近ではすっかり有名になってきた。写真を見て可愛い子を指名したのに、実は写真は加工されたもので実物は別人のようにブスだった、なんて悲しいことは避けたいものだ。

パネマジを見抜くのはけっこう難しい。知識と経験と想像力が必要になってくる。そしてパネマジを見抜いたとしてももうひとつ、男には見抜くのが難しいものがある。
「詐欺メイク」である。

デリヘル嬢に限ったことではないが、もはや特殊メイク並の化粧で別人のように可愛くなっている女の子が存在する。特に20代の若い女の子に多い。
デリヘル嬢なんて少しの間遊ぶだけだからすっぴんがどんなにブスでもメイクして可愛ければそれでいい、という人もいるだろう。
しかし生まれつき可愛い子と詐欺メイクで可愛くなっている子どちらがいいかと聞かれると、生まれつき可愛い子のほうがいいに決まっている。

シャワーを出たあとや激しいロングコースのプレイのあとなどにメイクは若干落ちる。
そのときにびっくりしたり、がっかりしたりしないためにも、詐欺メイクのデリヘル嬢を見抜けるようになっておきたい。

目が可愛い=顔が可愛いではない

メイクでもっとも詐欺れるのが目だ。
デリヘル嬢の写真は鼻と口を隠して目元だけ出していることが多いが、目はメイクでいくらでも可愛くすることができるから危険だ。特に一重まぶたを二重まぶたにしている子はめちゃくちゃ多い。
これだけで顔の印象がすいぶん可愛くなるので、今や一重まぶたの子を探すほうが大変なくらいみんなやっている。透明のテープやノリを使って二重まぶたにするのだが、これは取れやすく、取れると正に別人レベルだから注意だ。

目の周りを黒のアイラインでぐるっと囲んだようなメイクをしている子は、写真で見てもすぐにメイクが濃いと分かるだろう。
これも実はまぶたのテープやノリを隠すためにしていることがある。実際に会って、まぶたをよく見れば分かる人には分かるだろう。

黒目を大きく見せて愛らしい目にしてくれるカラコンは、もはや若いデリヘル嬢全員が標準装備していると思っていていい。
その中であえて詐欺を見抜きたいなら、あまり大きいサイズのカラコンではなくナチュラルなものを付けていても可愛い子を選ぶと天然美人の可能性が高い。

メイク全般に言えることだが、基本的にナチュラルメイクの子は詐欺メイクではないと言える。しかし男にはナチュラルメイクかどうかの判断は難しいだろう。
動画サイトやギャル雑誌などで、女の子のすっぴんからメイク後までの顔の変化を見てみるとかなり勉強になると思う。
見ているうちに詐欺メイクのテクニックのすごさに感動してしまうかも。