箱ヘルにはないデリヘルの魅力

店舗型ヘルスとデリヘルの違いとは?

ヘルス(箱ヘル)とデリヘルの違いについて尋ねたら、明確に答えられる人はどれくらいいるだろうか。おそらくほとんどの人がこう答えると思う。
「ヘルスはお店に自ら出向いて店舗内で遊ぶところで、デリヘルは自宅やホテルに女の子を呼んで遊ぶものだ」と。
これはもちろん正解だが、これだけでは解答として不十分である。実際に遊んでみるともっとたくさんの違いを感じるはずだからだ。

ヘルスもデリヘルも大きなくくりで言えば「ヘルスサービス」であり、サービス内容やどこまでできるかなどは基本的には同じだと思っていていい。しかしヘルスとデリヘルの違いは、単にプレイする場所だけではない。

デリヘルならではの楽しみ方やメリット

まずデリヘルは箱ヘルよりも店舗数や女の子の数が多いので、細かいニーズにも対応している。そのため好みのタイプの女の子や、やりたいプレイに対応している店などはデリヘルで探したほうが見つけやすいと言える。

好みの女の子や店が決まったらあとは思う存分プレイを堪能するだけだが、デリヘルのメリットとして深夜でも、自宅でも遊ぶことができる点がある。これは嬉しいではないか。
深夜に自分の家に女の子を呼ぶなんてまるでカップルのようだ。箱ヘル嬢と違ってデリヘル嬢は私服でやって来るから尚更だ。

しかもデリヘルには夜22時ぐらいから朝まで一緒に過ごせるお泊りコースなるものが存在する。これを使えば朝までたっぷりとイチャイチャできて、デリヘル嬢とも仲良くなれて恋人気分が味わえるのだ。プレイだけでなくコミュニケーションの時間も取れるので、一人のデリヘル嬢とじっくり向き合って精神的にも満たされるだろう。
お泊りコースは店によってないところもあるが、効率的にお金を稼ぐことができるのでデリヘル嬢にもとても喜ばれる。

デリヘルのデメリットとしては、デリヘル嬢の移動費とホテル代が必要である点がある。しかしこれは賢く選べばかなり節約することが可能だ。
移動費は無料のエリアがあったりするし、ホテル代も提携のホテルなら安く利用できる。もちろん節約のため自宅に呼ぶのもアリだろう。
このようにデリヘルには店舗型にはない魅力がたくさんあることが分かっていただけただろうか。