熟女デリヘル嬢に好かれるには

何歳からが熟女?

世間的に熟女と言うと30代後半から40代、50代、60代ぐらいまでのまさに熟した女性のことを指す。
しかし風俗業界では熟女とされる年齢が世間より少し早い傾向にあって、熟女専門店には30歳ぐらいの嬢が働いていたりする。30歳なんてまだまだ見た目は20代と変わらず若々しいにも関わらず、だ。

これは風俗業界での10代や20代前半の若い嬢の人気の高さが原因のひとつだろう。どんなに可愛い風俗嬢でも30歳を過ぎれば、どうしても肌のハリや初々しさは10代の嬢とは違ってきてしまう。それなら年齢をサバ読んで無理してロリロリの店にいるよりも、逆に安定した人気がある熟女専門店で働く方が賢い選択かもしれないのだ。

特に最近は、50代ぐらいの熟女好きの男が増えたと言われていて需要も高い。熟女嬢にはテクニックもあるので、今まで若い女の子にしか興味がなかった人も、一度熟女デリヘル嬢を呼んでみるとその良さがきっと分かるだろう。

熟女デリヘル嬢に好かれる裏ワザ

熟女デリヘル嬢と楽しく遊ぶためには熟女デリヘル嬢に好かれたいもの。若い嬢と違って熟女ならではのハートを掴むコツがいくつかあるので紹介しよう。

まず、見た目が派手すぎないこと。熟女はチャラチャラした外見の男が嫌いなのだ。金髪とかではなく、黒髪で清潔感のある短髪のほうが好まれる。
それに礼儀正しくハキハキとした喋り方をすると好印象だ。熟女はおしゃべり好きなので、無口でクールな男よりも楽しく会話してくれる男に惹かれる傾向にある。

そして会話の途中で笑顔をたくさん見せると母性をくすぐられるらしい。やはり男でも女でも笑った顔というのは可愛いものなのだ。仮に顔に自信がなかったとしてもそういうことは一旦忘れて、熟女の前では多少大げさに笑うぐらいでいいだろう。これで母性をキュンキュン言わせること間違いなしだ。

あとは、50代でも60代でも、とにかく女として扱うこと!これに尽きる。熟女好きの男性からは、そんなの簡単だよと言う声が聞こえてきそうだが、意外とこれができていないのではないだろうか。
と言うのも、熟女好きは熟女をつい“お母さん”のように扱ってしまいがちだからだ。適度に母性を刺激するのは大切だが、女としての喜びを与えることも忘れてはいけない。

例えば自分より年上の嬢であっても「可愛いよ」などと褒めたり、「○○ちゃん」とちゃん付けで呼んでみたりするなどだ。
これらのワザを駆使すれば、熟女嬢から女性ホルモンが溢れ出して最高のプレイに繋がるはずなので是非一度試してみて欲しい。