喫煙者だけどタバコ吸わない嬢と遊びたい

タバコを吸う男の悲しい現実

デリヘルにもタバコ問題はある。嬢と客がどちらも吸う同士、もしくは吸わない同士なら何の問題もないが、どちらか一方が喫煙者だった場合は非喫煙者である相手に嫌がられる可能性があるからだ。

と言うか、客側はタバコを吸う嬢がイヤならその嬢を選ばなければいいだけだが、嬢は基本的には客を選べない。
ただ、店によってはタバコを吸わない嬢には喫煙する客をつけないことがある。それは 嬢本人が喫煙者をNGにしている場合と、店側の配慮の場合があるようだ。

本人がNGにしている場合は、残念ながら喫煙者はその嬢とプレイはできない。仮に非喫煙者だと嘘を付いてもそんなのは服や髪の匂いとか口臭なんかで一発でバレるからやめたほうがいいぞ。

店側の配慮の場合なら遊べる可能性はあるが、その場合でも嬢が内心どう思っているかは分からない。顔では平気なフリをしていても心では「喫煙者くっさ!」などと思っているかもしれないのだ。

嬢のプロフィールに喫煙者なのか非喫煙者なのか、また非喫煙者の場合副流煙はOKなのかNGなのかなどまで掲載されていることがあるのでチェックしておこう。

少しだけ気を付けるポイント

もしも自分が喫煙者で、非喫煙者の嬢と遊びたいなら、まずは嬢が喫煙者NGにしていないことが大前提だ。よほどの嫌煙家ならこの時点でNGにしている可能性が高いが、客を多く取るために仕方なくNGにしていないとも考えられる。

どちらにしろ、プレイが始まったら終了するまではタバコは我慢できるなら吸わないほうがいい。喫煙者は自分では分からないものだが、口臭や体臭にタバコの臭いが染み付いていて、普段吸わない人からしたらめちゃくちゃ匂うものなのだ。

もちろんこちらはお客だしお金も払っているので、タバコを吸ったぐらいで文句を言われる筋合いはない。だがほんのちょっと気を遣うだけで嬢からの好感度は爆上がりなので、できるならやったほうがいい。

具体的にはタバコを吸うならプレイのあと、換気扇の下、嬢から離れた場所でなどだ。嬢にニオイをうつさない配慮が大事。
余談だが一番嫌われるのは、コーヒーとタバコの混ざった匂いでキスされることらしい。これは本当にゲロレベルで嫌がる嬢が多いので、タバコを吸うならせめて水やお茶を飲むようにしよう。