芸能人似のデリヘル嬢と遊ぶ裏ワザ

本当に芸能人に似ているのか!?

デリヘル店のHPを見ていると、“芸能人の○○にそっくり!”とかいう紹介文で女の子を紹介しているのをたまに見かける。これって本当に芸能人にそっくりの子なのか気になったことはないだろうか。

HPの写真では手で顔を隠していたりボカシが入っていたりして、女の子の顔をハッキリと見ることはできない。何なら画像修正されていて、実物よりも可愛く写っているのが当たり前である。本当に芸能人に似ているのかどうかは、実際にそのデリヘル嬢に会ってみるまで分からないのだ。

まぁ、店が自信を持って宣伝しているのだから、その芸能人に全く似ていないということはないだろう。しかし、似ている・似ていないという感じ方には個人差が大きいものだ。しかも、店は宣伝のためにちょっと大げさなくらいに女の子を褒めるものだ。

大好きな可愛いアイドルに激似!と書かれていても実際に呼んだら大して似ていなかったとガッカリすることもあり得る。
では、どうやったら本当に芸能人に似ているデリヘル嬢と遊ぶことができるのだろうか。

(さらに…)

続きを読む

もしもデリヘル嬢が知り合いだったら

デリヘル嬢の身バレ問題

インターネットが普及した現代、デリヘル店もHPを持つのが当たり前になった。ちょっと検索すれば簡単にデリヘル店のHPを見つけることができるだろう。これは男性にとっては嬉しいことだが、実はデリヘル嬢にとっては複雑なものなのである。

と言うのも、HPには必ずその店に在籍しているデリヘル嬢を紹介するページがある。名前や歳や3サイズや、得意なプレイやどういうタイプの女の子なのかなどを記載して、お客が選ぶ際に参考になるようにしてあるのだ。

もちろんデリヘル嬢の写真も一緒に掲載される。顔はモザイクや手で隠してあるデリヘル嬢が多いが、中には堂々と顔出ししているデリヘル嬢もいる。体は下着姿やセクシーな衣装であることが多い。

風俗で働いていることを周囲の人に隠している多くのデリヘル嬢にとって、店のHPとは厄介なものなのだ。指名してもらうためにお客にアピールはしたいが、顔を出しすぎると知り合いにバレてしまうかもしれない。顔を隠しても、髪型やネイルやホクロの位置などからバレることだってある。

このように、こっそり風俗で働いていることが周りにバレてしまうことや、客に本名や昼職などの素性がバレてしまうことを“身バレ”と言う。

(さらに…)

続きを読む

NG客にならないために

デリヘル嬢がNGにする客とは

デリヘル嬢が客をNGにすることがある。それはつまり、「私はこのお客さんとはお金をもらってもプレイしたくありません」ということである。もっと分かりやすく言えば「これ以上関わりたくありません」と言われているようなものだ。

そんなNG客にされるなんて、よっぽど酷いことをした奴なんだろうと思うかもしれない。しかし、客自身が気づいていないだけでデリヘル嬢に嫌がられているお客は多い。そういう客がNGにされても、「なぜ自分がNG客にされたのかが分かりません」などと掲示板で相談したりするのだ。

まぁ、NG客にする理由としてよくあるのは“本番強要がしつこい”“乱暴”“ワキガ”などだろう。“ストーカーまがいのことをする”“プライベートを詮索する”なども嬢に嫌がられるのでNGにされても当然だと言える。こういうことをしていた客ならNGにされても自業自得だったと思えるだろう。

しかし、自分には全く心当たりがないのにある日突然NG客にされてしまって困惑しているという例も珍しくない。本人に自覚がない分、こちらのケースのほうがタチが悪いとも言える。

(さらに…)

続きを読む

熟女デリヘル嬢に好かれるには

何歳からが熟女?

世間的に熟女と言うと30代後半から40代、50代、60代ぐらいまでのまさに熟した女性のことを指す。
しかし風俗業界では熟女とされる年齢が世間より少し早い傾向にあって、熟女専門店には30歳ぐらいの嬢が働いていたりする。30歳なんてまだまだ見た目は20代と変わらず若々しいにも関わらず、だ。

これは風俗業界での10代や20代前半の若い嬢の人気の高さが原因のひとつだろう。どんなに可愛い風俗嬢でも30歳を過ぎれば、どうしても肌のハリや初々しさは10代の嬢とは違ってきてしまう。それなら年齢をサバ読んで無理してロリロリの店にいるよりも、逆に安定した人気がある熟女専門店で働く方が賢い選択かもしれないのだ。

特に最近は、50代ぐらいの熟女好きの男が増えたと言われていて需要も高い。熟女嬢にはテクニックもあるので、今まで若い女の子にしか興味がなかった人も、一度熟女デリヘル嬢を呼んでみるとその良さがきっと分かるだろう。

(さらに…)

続きを読む

パネマジ・盛り写メを暴けるかも!?

可愛い写真に注意

今やスマホで写真を撮るときも、普通のカメラではなくていろんなアプリを使って撮るのが女の子の中では常識だ。アプリを使えばただ撮るだけで美肌になったり目が大きくなったりして写る。撮ったあと更に加工を加えれば、輪郭を削ったり脚を長くしたりすることもできて、もう別人レベルだ。
画像編集のプロでも何でもない素人の女の子が、簡単に自分を可愛く盛ることができるので使わない手はないのだろう。

しかし、こんな詐欺みたいな写真が溢れていることに怒りを感じている男性も多いのではないだろうか。風俗のパネマジは以前から有名だったが、最近は風俗嬢の個人のブログや写メ日記までも加工されたものばかりだ。もはやこうなっては風俗嬢の実際の顔を確認する方法がないではないか。

可愛く盛った写真で指名させておいて、実際会ってみたら全然違っていてガッカリする・・・これは男性側の“被害”と言っても過言ではないだろう。
ある風俗通の人が、パネルや自撮り写真の7割程度が実物だと言い切っていたがあながち言い過ぎでもないかもしれない。

(さらに…)

続きを読む

プレイ後タイムの過ごし方

ヌいたら終わり、じゃない!?

デリヘル嬢に好かれたい、気に入られたいと思っている男は多い。好みのタイプのデリヘル嬢にならこう思うのも当然だが、例え好みでなくても女性にいい印象を持ってもらいたいと思うのは男の性(さが)なのだ。男は子孫繁栄のためにたくさんの女にモテたいという本能を持っているからだ。

そのためには第一印象やプレイの内容が重視されがちだが、意外と見落としがちなのがプレイ後の時間だ。つまりプレイが終わってデリヘル嬢が帰るまでの時間の使い方次第で、デリヘル嬢から好かれることもできるし、逆に言えば嫌われることだってある。

男は射精すると一気に気持ちが現実に戻ってしまうが、デリヘル嬢と一緒にいる間はできるだけ優しい気持ちでいるよう心がけよう。
射精後に男が急に冷静になることぐらいデリヘル嬢だって知っている。だからこそプレイ後も気遣いができる男は好感度が高いのだ。

(さらに…)

続きを読む

パネマジの先にある詐欺メイクを見抜く

パネマジだけじゃない!詐欺メイクとは

デリヘル嬢を選ぶときにパネマジ(パネルマジック)に気を付けるというのは最近ではすっかり有名になってきた。写真を見て可愛い子を指名したのに、実は写真は加工されたもので実物は別人のようにブスだった、なんて悲しいことは避けたいものだ。

パネマジを見抜くのはけっこう難しい。知識と経験と想像力が必要になってくる。そしてパネマジを見抜いたとしてももうひとつ、男には見抜くのが難しいものがある。
「詐欺メイク」である。

デリヘル嬢に限ったことではないが、もはや特殊メイク並の化粧で別人のように可愛くなっている女の子が存在する。特に20代の若い女の子に多い。
デリヘル嬢なんて少しの間遊ぶだけだからすっぴんがどんなにブスでもメイクして可愛ければそれでいい、という人もいるだろう。
しかし生まれつき可愛い子と詐欺メイクで可愛くなっている子どちらがいいかと聞かれると、生まれつき可愛い子のほうがいいに決まっている。

シャワーを出たあとや激しいロングコースのプレイのあとなどにメイクは若干落ちる。
そのときにびっくりしたり、がっかりしたりしないためにも、詐欺メイクのデリヘル嬢を見抜けるようになっておきたい。

(さらに…)

続きを読む