デリヘルで動画撮影

自分好みのAVが撮影できる!?

AVを観ていて、「もっとここをアップで撮ってほしいな~」とか「この角度が好きなのに全然映らないな~」とか思ったことはないだろうか。そんな人にぴったりのデリヘルオプションが“動画撮影”だ。

今ドキのデリヘルにはそんなオプションがあるの!?と驚く人もいるかもしれない。しかし考えてみれば、これだけスマホが普及して写真や動画を撮ることが日常的になった現代において当然とも言えるサービスなのかもしれない。

動画撮影ができるデリヘル店はまだそれほど多くはないが、専門店も誕生し、今後どんどん増えていくことだろう。
好みのデリヘル嬢を指名して、好きな部位やプレイを撮影でき、いわば自分だけのオリジナルAVが作れるのだ。例えば仁王立ちで上目使いフェラ顔とか、オナニーシーンとか、アソコをイジリまくってピチャピチャ鳴ってるとこのドアップとか、誰のことも気にせず自分が興奮するように好きなように撮影ができる。

人には理解されにくいフェチがある人にもうってつけだろう。プレイ中はもちろん、終わった後も何度でも再生して楽しめるのも大きなメリットだ。

動画撮影の注意点と事前準備

動画撮影はとても楽しく興奮するプレイだが、いくつか注意点があるのでこれを理解したうえで正しく遊んでほしい。

まず、撮影した動画は個人的に楽しむだけに留めるということ。店のルール内で撮影したものは肖像権で保護されているので、軽い気持ちでSNSへ投稿したり第三者へ拡散したりしてしまうと通報される恐れがある。女の子は顔出しOKだったりアイマスク着用だったりいろいろだが、顔が分からなければアップロードしてもいいというわけではないのでご注意を。

あとは撮りたいプレイがあれば事前に確認しておくことも大事だ。例えば放尿シーンが撮りたくても、デリヘル嬢によってはNGの場合がある。最高の動画にするために、“嬢・オプション・設定”の3つは完璧に用意しておきたい。撮影機器もスマホはもちろん一眼レフなどを持っていれば持参するのもいいかもしれない(店に要確認)。

デリヘル嬢の恥ずかしがる様子などもリアリティがあってプロのAV嬢とはまた違った良さが味わえるだろう。何せ監督・脚本・出演が自分なのだ。さあ、どんな動画を撮ろうか考えただけでもワクワクしてこないか!?