チェンジ不可の店で楽しく遊ぶには

激安店で遊ぶときの注意点

デリヘルでタイプじゃない女の子が来てもチェンジすればいいや、なんて軽く考えている男はちょっと気を付けたほうがいい。チェンジ不可の店もあるからだ。

チェンジ不可の店は最近増えていて、中でも高級店と激安店に大きく二分される。
高級店のデリヘル嬢はみんな容姿が整っていて接客もきちんとしているので、チェンジ不可でも問題ないのだろう。客にチェンジさせないということは、女の子に自信がある証拠とも言える。レベルの高い女の子のプライドを傷つけず、精神的負担を減らす目的もある。

注意すべきは激安店でチェンジ不可だった場合だ。どんな地雷嬢が来てもチェンジできないので、我慢してその嬢と遊ぶかキャンセルするかしかない。キャンセルする場合はキャンセル料がかかることになる。

激安店では写真指名しても実物は全然違っていたり、酷い店だと写真と全くの別人をよこすところもある。詐欺まがいの振替である。
なので安い店を見つけても、チェンジができる店かどうかをまず確認し、もしチェンジ不可なら最初から人気嬢を指名するなどしたほうがいい。元々の料金が安い分、指名料を入れてもそんなに高額にはならないはずだ。

チェンジ不可だったときの対応法いろいろ

チェンジ不可の店で嬢を指名せずに満足したいなら、予約のときにだいたいの好みのタイプを言うと成功率が上がる。スレンダーな子、ぽっちゃりした子、黒髪の子、などだ。フリーでもざっくりとした好みになら応えてくれる店は多い。

写真指名するなら「振替じゃないですよね?」などと言って店側を軽くけん制しておくのもいいだろう。万が一振替をする店だったとしても、そう言われると「このお客にはいい嬢を付けよう」と思うのが心理である。

しかしそれでもどうしても、やって来た嬢とプレイをする気になれなかったら潔くキャンセルするというのもひとつの手だ。キャンセル料がプレイ代金とほとんど変わらなかったりする店もあるから最初に確認しておきたい。キャンセル料が無料でもだいたいは交通費ぐらいは請求される。

でもキャンセルして他の店を使うことで結果的には満足するとも考えられるので、デリヘル遊びは柔軟に対応する力が必要なのだ。