早漏がデリヘルを楽しむ裏ワザ

デリヘル嬢の前では早漏は恥ずかしいことではない!

デリヘルで遊びたくても自分が早漏だからと言う理由でなかなか一歩踏み出せない人は案外多い。そういう人は早漏であることを恥ずかしいと思っているので、例え相手がデリヘル嬢であっても早漏であることがバレたくないのだ。あとはせっかくデリヘル嬢を呼んでもすぐにイッてしまってはもったいないという思いもあるだろう。

しかし早漏でもデリヘルで楽しく遊ぶことはできる。そのためにまずは“早漏は恥ずかしい”という気持ちを捨てることが大事だ。

考えてみて欲しいのだが、デリヘル嬢は毎日いろんな男を見ている。太っている客、痩せている客、きれいに遊ぶ客、気持ち悪い客、愛撫を痛くする客、愛撫が上手な客、若い客、年寄りの客、など本当に様々な男を相手にしているのだ。
当然、早漏の客もいれば遅漏の客もいるだろう。そんなデリヘル嬢の前では、早漏を恥ずかしがる必要はない。早漏だからと言ってデリヘル嬢は別に何とも思わないからだ。「ふうん、そうなんだ」ぐらいなものである。

だから隠さずに堂々と、自分は早漏であると伝えてしまおう。伝えることでデリヘル嬢はプレイの時間配分や、刺激の強弱などの調節ができる。それによってお客側も時間のことを気にしなくて済むようになるので、絶対に最初に伝えたほうがいい。
早漏がデリヘル遊びを楽しむために、この“自己申告”は欠かせないだろう。

早漏のプレイのコツ

実は早漏の客はデリヘル嬢に好かれる。客をイカせるのが仕事の彼女たちにとって、確実にイッてくれる客だからだ。悪い言い方をすると仕事的にラクだからとも言える。
逆に遅漏の客だと長時間のフェラやスマタなどが想定されるため、少し身構えてしまうだろう。

早漏の人は射精が早い分デリヘル嬢を責めるのに時間が使える。おっぱいやアソコをじっくり堪能してみよう。

責められるときは「早漏だから優しくして」「まだイキたくないから下はあんまり触らないで」など言えばデリヘル嬢はその通りにしてくれるはずだ。たっぷり焦らされて、射精ギリギリの気持ちよさを長く味わえるのも早漏ならではのメリットだ。

2回戦ができそうならしてみるのもオススメ。1回射精したら少し落ち着くので、2回目は長めのフェラなどを楽しめるだろう。これも遅漏の人にはできないプレイなので、早漏でも存分にデリヘル遊びを楽しんで欲しい。