このサイトはアダルトな要素を含んでいる為、18歳未満の閲覧を禁止しています。18歳未満の人はこちらから退出してください。

パネマジの先にある詐欺メイクを見抜く

パネマジだけじゃない!詐欺メイクとは

デリヘル嬢を選ぶときにパネマジ(パネルマジック)に気を付けるというのは最近ではすっかり有名になってきた。写真を見て可愛い子を指名したのに、実は写真は加工されたもので実物は別人のようにブスだった、なんて悲しいことは避けたいものだ。

パネマジを見抜くのはけっこう難しい。知識と経験と想像力が必要になってくる。そしてパネマジを見抜いたとしてももうひとつ、男には見抜くのが難しいものがある。
「詐欺メイク」である。

デリヘル嬢に限ったことではないが、もはや特殊メイク並の化粧で別人のように可愛くなっている女の子が存在する。特に20代の若い女の子に多い。
デリヘル嬢なんて少しの間遊ぶだけだからすっぴんがどんなにブスでもメイクして可愛ければそれでいい、という人もいるだろう。
しかし生まれつき可愛い子と詐欺メイクで可愛くなっている子どちらがいいかと聞かれると、生まれつき可愛い子のほうがいいに決まっている。

シャワーを出たあとや激しいロングコースのプレイのあとなどにメイクは若干落ちる。
そのときにびっくりしたり、がっかりしたりしないためにも、詐欺メイクのデリヘル嬢を見抜けるようになっておきたい。

(さらに…)

続きを読む

デリヘル遊びの際の持ち物と管理

デリヘル嬢のバッグの中身は

初めてデリヘルを呼んだときに、何か準備しておく物はないか考えてしまったことはないだろうか。
どんなプレイがあってそのために何が必要なのか、初めてのときは未知の世界だ。それだけに、いろいろな想像で期待に胸が膨らむ反面、不安もあっただろう。
しかし、1度デリヘル遊びを経験してみれば分かることだが、基本的にはお客が準備しておく物など何もない。

デリヘル嬢は大きなバッグにお仕事道具を詰めてやって来る。プレイに必要なものはすべてデリヘル嬢が持参するのだ。
具体的に言うと、消毒用のイソジンやグリンス、コンドームにローション、洗口液などだ。これらは店から支給されることが多いが、自前で用意しているデリヘル嬢もいる。さらに気を遣えるデリヘル嬢なら、お客用の無香料のボディソープなども持参するから大したものだ。

そのほかにも名刺や、私物のメイク道具に財布、ヘアアイロンや髪留めなどを持参するため、デリヘル嬢のバッグはけっこう重い。
お客が用意するものをあえて言うなら、ちょっとしたお菓子やプレゼントぐらいだろう。

(さらに…)

続きを読む

デリヘルで3Pを楽しむには

男の夢3Pは叶えられる

3Pに憧れる男性は多いのではないだろうか。
AVなどではお馴染みだが、実際にはなかなか経験することができないからこそ、余計に男の夢とされている。
しかしデリヘルではこの3Pの夢を叶えることができる。

だいたいはオプションであることが多いが、最近は3P専門店なんかもあって、その人気の高さがうかがえる。
一番オーソドックスな組み合わせは、王様気分で2人の女性とプレイする男1+女2だろう。需要とデリヘル嬢の安全性を考慮して、男2+女1でプレイできる店はそれほど多くはない。

3Pするためにはまず、店のHPを見て3Pができる店なのかを確認しよう。その次に、3Pができるデリヘル嬢を確認しなければならない。
3Pがオプションの場合、3PをOKにしている嬢はそれほど多くないだろう。そのためフリーで入っていきなり3Pができる可能性は低いので、予約が必須となる。
デリヘル嬢2人を選ぶ場合は、2人が同時に出勤する日の、同時に空いている時間を確保しなければならないので、早めに予約をしておこう。

(さらに…)

続きを読む

新人・未経験デリヘル嬢とは

風俗未経験嬢は人気がある

よく店のホームページで、「新人」と紹介されているデリヘル嬢がいる。
これを、「その店に入ったばかり」なのか、「風俗未経験」という意味なのか曖昧だと思ったことはないだろうか。
この場合は前者である可能性が高い。

もし本当に風俗未経験だとすれば、店としてはもっと全面にアピールしたいポイントだからだ。
ほかの店で長く働いていても、店が変われば「新人」として紹介する。未経験や始めて間もないデリヘル嬢は人気があるので、そういった言い回しで、お客の興味を煽っているのだ。

風俗未経験嬢はなぜ人気があるのか。
やはり恥じらいや初々しさがあって可愛らしいからだろう。
テクニックや知識もそれほどないので、「教えてあげたい」という客は多い。

どんな仕事でも長く続けていると、上手になり慣れてくる。
風俗でも同じで、ベテラン嬢にはテクニックがあるが、初々しさには欠けるだろう。
単に年齢の問題ではなく、仕事量の問題なので、人妻でも熟女でも未経験には独特の魅力があるのだ。
だから、デリヘル遊びをそこそこやっている、経験の豊富な男性に好まれる傾向がある。

(さらに…)

続きを読む

ハズレのデリヘル嬢に当たったときは

ハズレのデリヘル嬢とは

ハズレのデリヘル嬢というのに当たったことがあるだろうか。
ハズレと感じる基準は人によって違うと思うが、ざっくり言うと、顔、プレイ、態度などのクオリティが非常に低いデリヘル嬢のことを指し、残念ながらそのような嬢は一定数存在する。
しかしそんなハズレ嬢に当たってしまったときも、いきなり諦める必要なはい。
発想の転換をして逆に楽しんでしまえばいいのだ。

(さらに…)

続きを読む

デリヘル嬢のプロフィール掲載年齢

デリヘル嬢はサバを読む

デリヘルのプロフィール欄を見るとデリヘル嬢の名前(源氏名)と年齢と得意なプレイなどが掲載されている。プレイをするデリヘル嬢を選ぶ時にはこの年齢も条件として考慮すると思う。

今日は若い子と遊びたい気分だからとハタチや21歳のピチピチしたデリヘル嬢を指名してウキウキ待っていたのに、実際に対面してみると意外と老けてるなと感じたことはないだろうか。
それもそのはずプロフィールに記載されている年齢はほとんどサバ読んでいるから。

20代前半で1~2歳は当たり前。30代にもなると10歳近くサバ読んでることもある。なぜなら20代が圧倒的に人気があるから。
写真は今はいくらでも綺麗に修正出来る。デリヘルではほとんどが写真指名だから実物見るまでは分からないし。

(さらに…)

続きを読む

デリヘル嬢のテンションが上がるホテルの選び方

ラブホといえどもあなどれない

デリヘルで遊ぶ時によく使われるのがラブホだ。もともとカップルがイチャイチャするための施設なので、デリヘルのプレイにとっては最適な場所と言える。
今では少なくなったが昔はラブホと提携しているデリヘルがあって、ラブホ内で待機しているデリヘル嬢のところで客が訪ねていくという形態のサービスもあったくらいだ。

それだけデリヘルとラブホは密接な関係にあり、デリヘル嬢も色々なラブホに行っていることだろう。
客としては出来るだけ低コストで遊びたいと思うので、ラブホ料金は押さえたいところだがあまりに激安ホテルを選んでしまうと露骨にデリヘル嬢のテンションが低いということも。
プロなのだから本来は顔に出してはいけないとは思うが、そこはまあ仕方ないこともあるだろう。

たかがラブホと言ってもちょっとした選択でデリヘル嬢のテンションが上がって楽しいプレイになるのであるなら中々あなどれないだろう。
(さらに…)

続きを読む