プレイ時間が中途半端に余った時

デリヘル初心者は時間の配分を間違えやすい

デリヘルに慣れている人は時間の計算をしつつプレイを進めるものだろうが、初心者はそこまで気が回らず後半に時間が余ってしまうことがあるだろう。プレイのペース配分はデリヘル嬢がしてくれているが、予想外に早く射精してしまった場合などに中途半端な空き時間が出来てしまうのは仕方のないことだろう。
またデリヘル嬢も入ったばかりの新人だった場合には上手くペースを作ることが出来ないこともある。いつも嬢にペースはおまかせしているとデリヘルに慣れていても微妙な空白時間が出来たりするものだ。

だからと言って神経質に「今○分!あと○分あるから・・・」と考えながらのプレイは集中出来ない。色々考えながらでは本当に気持ち良くはなれないだろう。
プレイは流れのままに楽しんで余った時間は他に有効活用する方法を考えた方が建設的だ。

デリヘルの余ったプレイ時間の活用方法

長時間のコースであれば二回戦、三回戦とプレイを続けることも出来るでしょうが、そこまで長いプレイ時間はない。そんな時にはどう時間を活用するのが良いのだろうか。

ほんの十数分くらいの余り時間で二回戦を始めてしまうと中途半端なところで終わる可能性が。何よりバタバタと終わるのはあまりいただけない。デリヘルは最後のシャワータイムを確保しなければならないし、あまりにギリギリ過ぎると今度は延長料金が発生する可能性も。

少しの時間しか余らなかった時は潔く諦めてプレイ以外のことを楽しむのが吉だと思う。そこ時間でデリヘル嬢と仲良くなるチャンスと逆転の発想で有益な時間へと変換すると良い。
余り時間での嬢とのお喋りは定番だし、スイーツなどを手土産に一緒に食べる時間にあてても良いだろう。手土産は喜ばれるのでもしも時間が余らない場合でも用意しておいて損はない。

注意が必要なのは嬢に質問しすぎないということ。特にプライベートな質問に関しては控えた方が良い。一度聞いてやんわり答えをそらされたら聞かないでというサイン。
時事問題でも芸能の話しでも自分の趣味の話しでも良いが、とにかく話題は豊富に用意しておくのが沈黙にならないコツ。今はスマフォもあるし面白いサイトがあるよ~と一緒に見ることも出来るし工夫次第で色々な時間の活用が出来るだろう。