早漏がデリヘルを楽しむ裏ワザ

デリヘル嬢の前では早漏は恥ずかしいことではない!

デリヘルで遊びたくても自分が早漏だからと言う理由でなかなか一歩踏み出せない人は案外多い。そういう人は早漏であることを恥ずかしいと思っているので、例え相手がデリヘル嬢であっても早漏であることがバレたくないのだ。あとはせっかくデリヘル嬢を呼んでもすぐにイッてしまってはもったいないという思いもあるだろう。

しかし早漏でもデリヘルで楽しく遊ぶことはできる。そのためにまずは“早漏は恥ずかしい”という気持ちを捨てることが大事だ。

考えてみて欲しいのだが、デリヘル嬢は毎日いろんな男を見ている。太っている客、痩せている客、きれいに遊ぶ客、気持ち悪い客、愛撫を痛くする客、愛撫が上手な客、若い客、年寄りの客、など本当に様々な男を相手にしているのだ。
当然、早漏の客もいれば遅漏の客もいるだろう。そんなデリヘル嬢の前では、早漏を恥ずかしがる必要はない。早漏だからと言ってデリヘル嬢は別に何とも思わないからだ。「ふうん、そうなんだ」ぐらいなものである。

だから隠さずに堂々と、自分は早漏であると伝えてしまおう。伝えることでデリヘル嬢はプレイの時間配分や、刺激の強弱などの調節ができる。それによってお客側も時間のことを気にしなくて済むようになるので、絶対に最初に伝えたほうがいい。
早漏がデリヘル遊びを楽しむために、この“自己申告”は欠かせないだろう。

(さらに…)

続きを読む

デリヘルで動画撮影

自分好みのAVが撮影できる!?

AVを観ていて、「もっとここをアップで撮ってほしいな~」とか「この角度が好きなのに全然映らないな~」とか思ったことはないだろうか。そんな人にぴったりのデリヘルオプションが“動画撮影”だ。

今ドキのデリヘルにはそんなオプションがあるの!?と驚く人もいるかもしれない。しかし考えてみれば、これだけスマホが普及して写真や動画を撮ることが日常的になった現代において当然とも言えるサービスなのかもしれない。

動画撮影ができるデリヘル店はまだそれほど多くはないが、専門店も誕生し、今後どんどん増えていくことだろう。
好みのデリヘル嬢を指名して、好きな部位やプレイを撮影でき、いわば自分だけのオリジナルAVが作れるのだ。例えば仁王立ちで上目使いフェラ顔とか、オナニーシーンとか、アソコをイジリまくってピチャピチャ鳴ってるとこのドアップとか、誰のことも気にせず自分が興奮するように好きなように撮影ができる。

人には理解されにくいフェチがある人にもうってつけだろう。プレイ中はもちろん、終わった後も何度でも再生して楽しめるのも大きなメリットだ。

(さらに…)

続きを読む

コスプレデリヘルで非日常体験

コスプレデリヘルが増えている

普通デリヘルと言えば女の子は私服でやって来るのが一般的だ。お客の家やホテルに出向くときに、変に目立って周囲にデリヘル嬢とバレないようにする必要があるためだ。

私服姿は個人の好みやセンスが見えるし、自宅に呼んだ時などはまるで本当の恋人がやって来たような気分になれるのでプロっぽい風俗嬢が苦手な男性には人気が高い。

しかし非日常的なことを楽しめるのが風俗の醍醐味でもある。最も手軽に非日常を体験できるのがコスプレだろう。
近年デリヘルでもコスプレができる店は増えてきている。学生制服系から職業制服系などのベーシックなものから、アニメのキャラクターまでバリエーションも様々だ。中にはウイッグや下着まで徹底しているようなクオリティの高いコスプレだったり、アニメやゲームのキャラの設定でセリフを言ってくれたりと、ほぼイメクラなのではと思える店もある。

店の中でコスプレの女の子と遊ぶよりも、自宅やホテルでプレイするデリヘルならではのリアリティもあるので試したことがない人は是非体験してみて欲しい。

(さらに…)

続きを読む

デリヘルでクレジットカード払いはできる?

クレジットカードが使える店は多い

風俗店の支払いには現金しか使えないというのは昔の話で、最近は多くの店でクレジットカードの利用ができるようになっている。風俗はそれなりにお金のかかる遊びなので、現金払いしかできなければ大金を持ち歩かなくてはならず、それだけでなんだかドキドキしてしまうものだったのだ。

しかしクレジットカード払いなら、事前にお財布の中の福沢諭吉を確認したり、ATMでお金を下ろしたりしなくていい。予定外のオプションや延長で、少しくらい予算をオーバーしてしまっても大丈夫なのだ。

カードが使えるかどうかは店のHPで確認できる。その際、“明細書には○○という店名で記載されます”とかまで親切に書いてある店なら個人情報の取り扱いもきちんとしているはずだ。
風俗店でのクレジットカード利用は悪用されそうで怖いと思っている人もるようだが、実際にそのような被害はほとんどないので変な心配をする必要はない。(見るからに怪しいような店は除く)

(さらに…)

続きを読む

プレイ時間が足りなくなったら

デリヘル嬢にプレイ続行を強要してはいけない

デリヘル遊びで時間が足りなくなった時のことを考えたことがあるだろうか。時間が足りなかったとはつまり、時間内に射精ができなかったということだ。

デリヘルのルールとして最後にシャワーを浴びる必要があるから、プレイ時間の10分前までにはフィニッシュをしておきたいところだ。しかし時間配分をミスしたり、その日の体調などが影響して、時間内に射精できそうにないときもあるだろう。
デリヘル嬢だって基本的には時間ギリギリまで頑張ってくれるが、シャワーや着替えの時間を考慮して「時間だからここで終わりにしてもいい?」などと言ってくるはずだ。

知っておいてほしいのは、この時デリヘル嬢だって残念な気持ちなのだ。自分のテクニックや魅力が足りなかったせいかもと落ち込む嬢もいるらしい。なので間違っても「あとちょっとで出そうだから続けて」などと言って自分の都合を押し付けてはいけない。

デリヘル嬢は何もラクをしようとして途中でやめるわけではないのだ。そのまま続けさせるということは、プレイ時間以上にデリヘル嬢にお仕事をさせることになる。これは非常に嫌がられる。当たり前だ。
仮に本当にあと少しで射精できそうでも、基本的にプレイ時間終了まで10分を切ったらプレイを強要してはいけない。ヘタすればブラックリスト入りする可能性だってある。

(さらに…)

続きを読む

箱ヘルにはないデリヘルの魅力

店舗型ヘルスとデリヘルの違いとは?

ヘルス(箱ヘル)とデリヘルの違いについて尋ねたら、明確に答えられる人はどれくらいいるだろうか。おそらくほとんどの人がこう答えると思う。
「ヘルスはお店に自ら出向いて店舗内で遊ぶところで、デリヘルは自宅やホテルに女の子を呼んで遊ぶものだ」と。
これはもちろん正解だが、これだけでは解答として不十分である。実際に遊んでみるともっとたくさんの違いを感じるはずだからだ。

ヘルスもデリヘルも大きなくくりで言えば「ヘルスサービス」であり、サービス内容やどこまでできるかなどは基本的には同じだと思っていていい。しかしヘルスとデリヘルの違いは、単にプレイする場所だけではない。

(さらに…)

続きを読む

デリヘル遊びの際の持ち物と管理

デリヘル嬢のバッグの中身は

初めてデリヘルを呼んだときに、何か準備しておく物はないか考えてしまったことはないだろうか。
どんなプレイがあってそのために何が必要なのか、初めてのときは未知の世界だ。それだけに、いろいろな想像で期待に胸が膨らむ反面、不安もあっただろう。
しかし、1度デリヘル遊びを経験してみれば分かることだが、基本的にはお客が準備しておく物など何もない。

デリヘル嬢は大きなバッグにお仕事道具を詰めてやって来る。プレイに必要なものはすべてデリヘル嬢が持参するのだ。
具体的に言うと、消毒用のイソジンやグリンス、コンドームにローション、洗口液などだ。これらは店から支給されることが多いが、自前で用意しているデリヘル嬢もいる。さらに気を遣えるデリヘル嬢なら、お客用の無香料のボディソープなども持参するから大したものだ。

そのほかにも名刺や、私物のメイク道具に財布、ヘアアイロンや髪留めなどを持参するため、デリヘル嬢のバッグはけっこう重い。
お客が用意するものをあえて言うなら、ちょっとしたお菓子やプレゼントぐらいだろう。

(さらに…)

続きを読む